株式会社レイゼクスの  クロージングで営業成績に倍以上の差が出る!?クロージング技術を身につけてトップ営業マンに変身!

クロージングで営業成績に倍以上の差が出る!?クロージング技術を身につけてトップ営業マンに変身!

クロージングで営業成績に倍以上の差が出る!?クロージング技術を身につけてトップ営業マンに変身!

どうも。

 

仲村です。

 

営業、マーケティングにおいて、

必要な事は数えきれない程ありますが、

どんな活動においても最終目的は一つです。

 

 

それは、「売上を上げる」こと。

 

 

つまり、どんなに斬新な戦略を立てようが、

たくさんの見込み客を集めようが、

知識がものすごくあろうが、

 

売上に繋がらないと営業活動は意味がありません。

 

 

そして、営業マンは「数字」という、

シビアな評価基準が存在します。

 

同じような能力、知識を持った人同士でも

営業成績が大きく違う、という事もある世界。

 

 

なぜそんなに差が出るのでしょうか?

 

 

営業で圧倒的な差をつける方法

 

営業成績を上げたい!

 

差が出る理由の一つに「クロージング」があります。

 

文字通り、クローズ(閉じる)ことを目的にしており、

営業で言えば最後の一押し、決断をさせるフェーズです。

 

なぜクロージングで差が出るかというと、

人は判断を先延ばしにすればするほど、

ネガティブな気持ちが大きくなります。

 

欲しいと思っていて、店頭で悩んだけど

結局買わなかったら、その後は別にどうでも良くなった、

といった経験があなたにもあるかもしれません。

 

と、いうことは、その場で結論をもらえることが、

一番成約率が高いのです。

 

 

 

具体的なクロージング

 

クロージング

 

商品の導入を「悩んでいる」ということは、

前向きに検討しているということでもあります。

 

しかし人は不思議なもので、どんなに欲しくても、

なにかそれを購入するための理由を欲しがります。

 

つまり、なにか「購入する理由」をこちらから

提示してあげればいいのです。

 

 

例えば、よくこんな文言があります。

 

「数量限定!残り○個!!」

「○時までタイムセール!」

「今だけ1つの値段でもう一個プレゼント!」

 

これらは、購買心理を利用して、

その場で決断させる為の手法です。

 

購買者に、

 

「そういう理由だったら今買わないといけないよね!」

 

と自己説得させるのです。

 

そして購入という決断をさせます。

 

 

 

法人営業でも同じで、相手が決裁権を持っている人であれば、

必ずその場で決断してもらえるようにしないといけません。

 

繰り返しになりますが、

人は判断を先延ばしにすればするほど、

ネガティブな気持ちが大きくなります。

 

今日より明日、明日より明後日と、

時間が経てば経つ程、成約率は下がります。

 

そうすると、必然的にその場で決断させられる

クロージング力の高い営業マンが成績をあげられるのは

言うまでもないでしょう。

 

 

「その場で決断してもらう理由」を

常に準備して営業に臨んで下さい!

 

関連記事

クロージング能力を身につけて先延ばしにしない営業を!営業でのクロージング方法

レイゼクスは
「クリエイティブ」×「営業」を強みに
日本全体を活性化させていきます

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせも受け付けております。

03-5545-5026

この記事を書いた人: 仲村 達史

仲村 達史

【寂しがりやの一匹オオカミ】 ディズニーやちびまる子ちゃんなど様々な世界観を一人で演じきることで有名。スーパーで割引の惣菜を選ぶその姿は「ONI」と恐れられる。


関連する記事