代表からのご挨拶

株式会社レイゼクス 代表取締役社長 仲村達史

「まだ寝てるのかい?」

誰かが呟いた。

そうか、僕は寝ていたのか。
そう気付くまでに時間はかからなかった。

目の前に広がるのは、焼け野原。
一本の草すら生えていない。

悲壮感?虚無感?
・・・いや、この気持ちを表現するのに
それらはふさわしくない。

絶望?
いや、それも違う。
はるか遠くに置いてきていたような感覚・・・

そうか・・・
この気持ちは「希望」だ。
胸の奥から湧き上がるマグマに、
僕の体が耐えられそうにない。

ここに何を生み出そう。
僕たちはどんな足跡を残せるのだろう。

決められたdestinyなんかいらない。
tomorrowへの手助けは必要ない。

この世は腐っていると君は言った。
僕もそう思う。
でも、腐った世界で生きていく義理はない。

この手で変えてやる。
何度でも、何十回でも。

見てろよ。
誰も見たことのない世界へ案内してやるよ。

(中学二年生時の文集より抜粋)

しごと・営業に役立つ人気記事