株式会社レイゼクスの  テレアポでコツやテクニックより必要なもの!テレアポ代行で上手くいかない理由とは?

  • TOP
  • すべて
  • テレアポでコツやテクニックより必要なもの!テレアポ代行で上手くいかない理由とは?
2017/03/21

テレアポでコツやテクニックより必要なもの!テレアポ代行で上手くいかない理由とは?

テレアポでコツやテクニックより必要なもの!テレアポ代行で上手くいかない理由とは?

どうも。

仲村です。

 

レイゼクス社長

 

さて、早速ですが問題です。

弊社がテレアポをする際、アポイントを取る時に

重要視している事とはなんでしょう?

 

トークスキルやオペレーターの経験

 

もちろんそうですね。

スキルや経験はあった方がいいに決まっています。

オペレーターの質がアポイントに直結することもありますね。

 

 

しかし、もっと大切にしていることがあります。

 

クロージング

 

もちろんこれも重要です。

日程調整の際にもたついたらもったいないですよね。

 

日程調整がスムーズな人ほどアポイントの数は増えます。

 

しかし、これらは本質ではありません。

これらは、あくまでも「テレアポ」に焦点を当てた考え方です。

 

弊社では「テレアポ」はあくまでも「営業活動の一環」

として考えており、目的は「売上を上げる」こと

もっと言えば、「売上の上がり続ける体制作り」を目指しています。

 

そういった視点で考えていくと、上記で挙げた事以上に

重要視しなくてはいけない点があるのです。

 

アポイント取得に必要な事とは?

欲しいものを欲しい人に

 

それは、「どこに何のテレアポをするのか?」ということです。

 

多くの人は、

「どんなトークにすればアポが取れるか」

という所を考えがちですが、その前の段階、

つまり、戦略をどう考えるかという事が重要なのです。

 

よく、営業の世界では、

「エスキモーに氷を売る」

という例えが使われることがあります。

 

エスキモーにとって氷はいつも目の前にあり、

わざわざお金を出して買おうなんて誰も思いません。

つまり、売りにくいものをどうすれば売れるか?

という事を考えるための例えです。

 

もちろん、その状況で氷を売る事ができれば

相当営業力があるという事になります。

 

しかし、それだと完全に営業力に依存したやり方です。

特に営業経験のない企業には不利な戦いですよね。

 

弊社の考えはそうではありません。

そうではなく、マーケティング段階で勝負するべき、です。

 

つまりどういう事かというと、

「その商品やサービスを必要としている所に、適切な営業をかける。」

シンプルにこれだけ、それだけで売上はあがります。

 

お腹がいっぱいの人にステーキを売るのは難しいですが、

腹ペコの人であれば簡単に売る事ができます。

 

そのためには、

「お腹いっぱいの人にどうステーキを売るか」

ではなく、

「腹ペコの人をいかに効率よく見つけるか」

という事を考えていくべきなのです。

 

アポイントが取れない、アポが取れるけど案件にならない、

という場合は、「テレアポの方法」ではなく、

「営業の方法」から見直す事をおすすめします。

 

まとめ

腹ペコ

 

巷のテレアポ代行の会社などは、

 

「テレアポの実績がこれだけある!」

「洗礼されたトークで質の高いアポイントを取る!」

 

といった、「テレアポ」に焦点を当てて

ウリを押し出すケースが多いですが、

弊社の場合は少人数のクリエイティブ企業に特化している

ということもあり、アポイントだけでなく、

トータルで営業を体系化していくことを目的にしております。

 

「アポイント」そのものより、その先にある「売上」

「叶えたい思い」まで見て営業を行うよう心がけているのです。

 

とは言ってももちろんアポイントがなければ始まりませんので、

まずはアポイントを取る!というのはとても大切なんですけどね。

 

そのアポイントを増やすため、そして質を上げるため、

自社のサービスを必要としているマーケットを見つけていきます。

 

少人数で営業リソースが割けない

今まで営業をした事がないのでやり方がわからない

紹介や既存だけでなく、新規客を獲得していきたい

 

などの課題を持つ30名以下のクリエイティブ企業様の支援実績は

300社以上ございますので、気になる方はお気軽にご相談くださいませ。

 

レイゼクスお問合せ先

この記事を書いた人

仲村 達史

仲村 達史

「世界一ヤヴァイ会社を作る!」と宣言し練馬区を飛び出し、藤原竜也のモノマネ一本でここまで上り詰めた。 常に厳しく、「鬼(ONI)」と呼ばれる彼の経営のモットーは「健康第一」。 ゼロコーラと間違えて普通のコーラを買っていくと鬼の形相で怒り狂う。 キリンさんよりゾウさんのほうが好きだが、犬の方がもっと好き。

最近書いた記事
しごと・営業に役立つ人気記事

営業の秘訣●本公開中!

WEB×テレアポの成果保証型営業代行の株式会社レイゼクスTwitter