株式会社レイゼクスの  制作会社は3月の決算期前が忙しい!が、4月以降の案件を獲得するための営業代行事例をご紹介!

  • TOP
  • すべて
  • 制作会社は3月の決算期前が忙しい!が、4月以降の案件を獲得するための営業代行事例をご紹介!
2016/02/15

制作会社は3月の決算期前が忙しい!が、4月以降の案件を獲得するための営業代行事例をご紹介!

制作会社は3月の決算期前が忙しい!が、4月以降の案件を獲得するための営業代行事例をご紹介!

どうも。仲村です。

 

営業について語る

 

3月は多くの企業が「決算」を迎えます。

特に大手企業は3月決算の会社が多いですが、なぜ3月決算の会社が多いのかご存知ですか?

 

こちらに分かりやすく書いてありました。

日本企業の決算日、「3月末」が多い4つの理由

 

こちらの記事から抜粋すると、どうやら3月末に決算を迎える会社が多いのは

下記4つの理由からだそうです。

 

(1)国や地方公共団体の予算編成期間は4月~翌年3月であり、3月には売り上げが増加する傾向がある

(2)総会屋対策

(3)税法の改正が4月1日からの適用が多い

(4)教育機関の年度区切りが3月である

 

勉強になりますね。

 

さて、間も無くそんな多くの企業が決算期を迎える3月ですが、

営業タイミングとしても決算期はとても狙い目です。

 

決算期に向けた営業戦略

決算期に向けた営業

 

弊社のクライアントとして多いのは、IT、クリエイティブ業界、

特に制作、開発、デザイン関連の企業様がメインなのですが、

こういった企業様は大体1〜3月は非常に案件が忙しくなります。

 

なぜなら、決算前に納品しなくてはいけないからですね。

 

また、制作物を作る際には決算前に予算消化のため作ることも多いので、

必然的に市場に出る案件の数が増えていきます。

 

そのため、この時期に案件をたくさん取るために

様々な企業の開拓をしたい!というご依頼を頂くことも多いですし、

逆に、少し案件が減ってしまう4月以降の案件を獲得していきたい!

というご要望もこの時期とても多くなります。

 

株式会社D社様事例

営業代行事例 制作会社

 

弊社のお客様でも、年度末に向けて忙しくなり、

4月から少しずつ落ち着き、夏頃に案件が空いてしまう・・・

という企業様も多くいらっしゃいます。

 

そういった悩みを解決すべく、弊社にて営業をお手伝いしているのですが、

株式会社D社さんという5名の制作会社様では、

2 年前の年始から弊社に依頼頂き、

4月以降の案件を取るための準備を毎年行っています

 

具体的な方法としては、

 

・取引したい企業、業種、今後の展望についてヒアリング

・レイゼクスにて営業戦略立案

・細かい打ち合わせ後、レイゼクスにてアプローチ開始

・1〜3月は忙しいので週に1度のアポイントを調整

・その他興味を持っている企業には資料を送付しておく

・4月以降、1〜3月で絞った見込み客に具体的な提案をする

 

という流れで業務を進めるのですが、

「どれくらいの見込み客があれば売上が見込めるのか?」

という統計を取り、それを踏まえ売上目標を達成するための

戦略を実行していく事で、今まで案件が少なかった時期に

案件を獲得する事が可能になっています。

 

まとめ

 

年度末はバタバタしてなかなか営業にリソースを避けない企業様が多いですが、

逆にこの時期営業準備をしていく事で、年間を通して安定した売上を見込める体制

を構築していく事が出来ます。

 

具体的な手法や戦略などは、事例なども踏まえ企業様ごとに

ご提案をさせて頂いておりますので、お気軽にご連絡くださいませ!

 

レイゼクスお問合せ先

この記事を書いた人

仲村 達史

仲村 達史

「世界一ヤヴァイ会社を作る!」と宣言し練馬区を飛び出し、藤原竜也のモノマネ一本でここまで上り詰めた。 常に厳しく、「鬼(ONI)」と呼ばれる彼の経営のモットーは「健康第一」。 ゼロコーラと間違えて普通のコーラを買っていくと鬼の形相で怒り狂う。 キリンさんよりゾウさんのほうが好きだが、犬の方がもっと好き。

最近書いた記事
しごと・営業に役立つ人気記事

営業の秘訣●本公開中!

WEB×テレアポの成果保証型営業代行の株式会社レイゼクスTwitter