株式会社レイゼクスの  【テレアポ営業】「電話営業お断り!」の会社にテレアポしてない?

  • TOP
  • すべて
  • 【テレアポ営業】「電話営業お断り!」の会社にテレアポしてない?
2019/08/30

【テレアポ営業】「電話営業お断り!」の会社にテレアポしてない?

【テレアポ営業】「電話営業お断り!」の会社にテレアポしてない?

こんにちは!

原です!

 

 

我々は小規模の企業や個人事業主に特化をして、「新規開拓」における営業支援をしている会社になります。

要は、「営業が苦手な人のかわりに営業しますよ〜」というサービスですね!

 

最近では小規模で事業を立ち上げる人も非常に多くなっておりますので、営業を外注したい!という方もとても多いのです!

 

弊社では月間で100社近い企業の営業を代行しており、毎月何万件という件数の営業をしております。

そのため、あらゆる規模のあらゆる業種に対して営業をしているので、様々なパターンの営業を経験しているわけです。

 

ということで今日はテレアポ営業について、お話ししていきたいと思います!

 

ホームページを見ながらテレアポするべき!

 

テレアポをする時に必要なもの。それはリストですね!

営業先のリストがないと、電話することができません。

そのため、まずはリストを準備しましょう!

 

リストが準備できたら、そのリストに対して営業していくわけですが・・・

 

よくテレアポの会社だと、とりあえずリストに手当たり次第電話をかけていく、というやり方をしている会社が多いように感じます。

 

しかし!

そのやり方はあまり効果が出ない!というか古い!のです!

 

もちろんテレアポにおいて「数をこなす」というのは非常に重要なことであり、当然多くの数をこなした方が確率的にはアポにつながる数が増えていきます。

 

しかし、ただ闇雲に電話をかけていくだけではあまりにも非効率的です。

 

そのため、弊社では、「ホームページを見ながら相手に合わせたトークで話を進めていく」というやり方でテレアポを行います。

ホームページにある情報を見ながら電話することで、会社概要や事業内容などを確認しながら話をすることができるので、その会社に合わせた話をすることが可能なのです。

闇雲にただ電話をかけていくより1件あたりの時間はかかりますが、その分質のいいテレアポになります!

 

もちろんホームページ以外にも、求人サイトなど、web上にある情報を見ることは有効なので、テレアポで案内するサービスに合った内容の情報を見ながら営業できるように準備しておくことはとても重要です!

 

電話営業お断り!の企業へのテレアポとは?

 

そんな感じでホームページを見ていると、サイト上に電話番号が表記されていなかったり、「電話営業お断り」のような文言が書いてあるケースも存在します。

 

電話番号の表記がないものをweb上から探したり、電話営業お断りと記載があるのに電話することは可能ですが、その場合、ほとんどが上手くいかない事が多いです。

 

なぜなら、電話番号を出していなかったりそのような文言を記載しているということは、「電話営業を嫌がっている」ケースがほとんどだからですね!

 

電話営業が嫌だから番号を出していなかったり、お断りと記載しているのに、そこに電話したらどうでしょうか?

恐らく、ほとんどの場合は悪い印象を与えてしまうと思います。

 

ホームページを見ていないと、こういった情報もわかりません

そうすると、もっと電話の印象が悪くなり、よりアポが取れなくなってしまうのです!

 

電話が嫌な企業への営業は?

 

では、そういった企業は諦めるしかないのでしょうか?

 

いいえ!そんなことはありません!

そういった場合は、電話以外の営業を検討しましょう!

 

一番分かりやすいのは、メールや問い合わせから連絡をするケースです。

 

電話営業は嫌だけど、メールや問い合わせからの連絡だったら抵抗ない、という方も多くいらっしゃいます。

その場合、興味があればレスポンスがありますので、そこからアポに繋がる事も珍しくありません。

 

また、定型文ではなくその会社に合ったメッセージを送れば、興味を持ってもらえる可能性も高まります!

 

その会社に合わせた営業方法を!

 

つまり何が言いたいかというと、「その会社に合わせた手法で営業しよう」という事です!

 

どれだけテレアポが上手くても、実績があっても、「テレアポでアポが絶対に取れない会社」というのは一定数存在します。

 

そういった場合に、テレアポにこだわる必要は全くありません。

 

臨機応変に対応を変える事で、効率よく営業する事ができますし、様々な入り口から見込み客を増やしていく事が可能になります!

 

まとめ

 

いかがでしょうか?

 

今回ご紹介したのは、テレアポなど「プッシュ型営業」と呼ばれる、こちらから営業をしていく手法ですが、これに「プル型営業」と呼ばれる、相手に見つけてもらう営業方法を組み合わせていく事で、より営業の幅が広がっていきます。

 

営業の世界では、「これが出来れば間違いなく上手くいく」という絶対的な営業手法はありません。

 

相手や時代に合わせて、最適な営業手法を見極めていく必要があるのです!

 

現在の自分たちの体制や、今後の展望、これまでの実績やターゲット先など、あらゆる情報を踏まえて、最適な営業方法を見つけていくのが一番良いので、気になる方がいたらまずは是非お気軽にご相談くださいませ!

 

レイゼクス 問い合わせ先

この記事を書いた人

原紀子

原紀子

足立区出身。永遠の3歳。口癖は「たぷ〜」「およー」。 独自のリズムを刻みながら、音に合わせて体を動かす姿が度々目撃されている。 炭水化物ダイエットをしているが、金曜日から日曜日までは「フィーバータイム」と称し、食べ飲み放題の時間がやってくるらしい。 レイゼクスの売上の多くを担い、クライアントからも愛されるスーパー営業ウーマンでありレイゼクス社長の座を密かに狙う。

最近書いた記事
しごと・営業に役立つ人気記事

営業の秘訣●本公開中!

WEB×テレアポの成果保証型営業代行の株式会社レイゼクスTwitter