株式会社レイゼクスの  どの営業代行を選べばいいの?営業代行会社の違いとは?

  • TOP
  • すべて
  • どの営業代行を選べばいいの?営業代行会社の違いとは?
2019/06/24

どの営業代行を選べばいいの?営業代行会社の違いとは?

どの営業代行を選べばいいの?営業代行会社の違いとは?

どうも。

仲村です。

 

 

営業代行って色々ありますよね。

「営業代行」を探してこのブログに辿り着いた人もいるかと思います。

 

我々も一応営業代行業界の端くれとして活動しておりますが、やはり競合他社である色々な営業代行の名前を聞くことがあります。

 

で、色々な方に聞かれるのが、「営業代行って何が違うの?」とか、「○○さんと何が違うの?」ってことです。

 

もちろん業界のことを全てを知っているわけではありませんが、自分たちに合うパートナーを見つけるというのは営業代行を活用して成功するにあたって非常に重要になります。

 

ということで今回は営業代行会社について考えていきたいと思います。

 

そもそも営業代行とは?

 

さて、そもそも営業代行とはなんでしょうか?

 

文字通り「営業」を「代行」するということなのですが、具体的に何をやってくれるのか、どこまで対応するのか、というのは会社によって異なります。

 

電話でアポイントを取ることを専門に行う会社もあれば、メールやフォームなどの問い合わせからアポイントを取得する会社もありますし、商談の同行をしてくれたり訪問の代行までしてくれる会社もあります。

 

当然ですが、それによって契約期間や料金も異なります。

 

そのため、自分たちがどんなことをしたいのか?何が必要なのか?という事をしっかりと決めて、自分たちに必要なパートナーをしっかりと見極める事が極めて重要なのです。

 

営業代行について分かりやすい説明はこちらにありましたので是非参照ください。

営業代行とは?そのメリットと注意点を解説

 

営業代行を選ぶときはここに注意!

 

では、営業代行会社を検討するにあたってどういった点を気にすれば良いのでしょうか?

よく見落しがちになってしまう項目をまとめました。

 

1.何が得意なのか?

その会社は他社に比べて何が強くて、どんな業界やサービスの営業が得意なのか、どんなお客さん(実績)が多いのか、などを聞きましょう

業種や規模、営業手法など、その会社ならではの強みがあるはずですし、自分たちの業界やサービスの知識やノウハウがあるのかも判断できますので、自分たちに合うのかを見極める事ができます。

逆に言えばそういったものが明確に言えないようであれば、他社も検討した方が良いと思います。

 

2.業務はどこまでやってくれるのか?

営業先のリストなどは用意してくれるのか、アポイントを取るだけなのか、そのあとのフォローはどうするのか、など、どこまで業務を行ってくれるのかははっきりとしておきましょう

特にこれまで営業代行を使った事がない場合は、イメージと実際の活動でギャップが生まれてしまう可能性がありますので、細かい部分まで確認しておいた方が安心です。

 

3.誰が担当してくれるのか?

営業に来た人と実際にサポートしてくれる人が違うケースは要注意です。

実際契約したら全然違う人が担当して最初と話が違う!というケースは意外と多くなっています。

契約したら誰が担当してくれるのか、ということはしっかり確認しましょう。

 

4.契約期間、料金はどうなっているのか?

よくあるのが、年間などで契約を結んだけど、全然成果が出ないので途中で解約したい!というようなケースです。

料金も、「リストは別料金」などオプションが必要なケースなどもありますので、トータルでいくらになるのかはしっかりと確認しておきたい所です。

また、アポイントの成果報酬などであれば、「アポイント1件あたり○○円」という料金形態になりますが、アポイントの定義もしっかり定めておきましょう

例えば、玄関先で名刺交換だけで終わった・・・という場合でもアポイントにカウントされてしまうようであれば非常に勿体無いですよね。

 

契約してから「話が違う!」とならないように、上記をしっかりと確認しておきましょう。

 

まとめ

 

現代ではクラウドソーシングなどの普及もあり、社内は必要な人員だけにし、様々な業務を外注するというのが一般的になってきています。

その流れで営業も外部に代行するというのも一般的になってきておりますし、相性の良いパートナーを見つけられれば、業務の拡大スピードが加速することは間違いありません。

 

正しいパートナー探しをして、良い結果に繋げていきましょう。

 

レイゼクス 問い合わせ先

この記事を書いた人

仲村 達史

仲村 達史

「世界一ヤヴァイ会社を作る!」と宣言し練馬区を飛び出し、藤原竜也のモノマネ一本でここまで上り詰めた。 常に厳しく、「鬼(ONI)」と呼ばれる彼の経営のモットーは「健康第一」。 ゼロコーラと間違えて普通のコーラを買っていくと鬼の形相で怒り狂う。 キリンさんよりゾウさんのほうが好きだが、犬の方がもっと好き。

最近書いた記事
しごと・営業に役立つ人気記事

営業の秘訣●本公開中!

WEB×テレアポの成果保証型営業代行の株式会社レイゼクスTwitter