株式会社レイゼクスの  「売り込む営業」の時代はもう終わり!これからは「選ばれる営業」に!

  • TOP
  • すべて
  • 「売り込む営業」の時代はもう終わり!これからは「選ばれる営業」に!
2017/08/23

「売り込む営業」の時代はもう終わり!これからは「選ばれる営業」に!

「売り込む営業」の時代はもう終わり!これからは「選ばれる営業」に!

どうも。

仲村です。

 

代表 なかむら

 

現在では、昔に比べて営業マンに会うメリットが

少なくなっていると言われています。

 

なぜでしょう?

 

答えは「インターネットの普及」です。

 

どういうことかというと、

インターネットが普及していなかった頃は、

営業マンというのは貴重な情報源でした。

 

営業マンしか知らない情報があったからこそ

営業マンに会うメリットがあったのです。

 

しかし今ではあらゆる情報がインターネット上に溢れています。

例えば何かものを買おうとした時でも、

まずはインターネット上で検討し、比較して購入する、

という事を誰でも当たり前に行っています。

 

つまり、「自分から手軽に情報を探す事が出来るようになった」のです。

 

そうすると当然、インターネット上で得られるような情報しか

持っていなければ会う必要はなくなってしまいます。

そのため、昔ながらの「足で稼ぐ」営業は

これからも少しずつ減少していくと言われています。

 

今は「売り込む営業」は必要とされないのです。

では、どんな営業が必要かというと「選んでもらう営業」なのです。

 

現代の営業マンに必要なものとは

営業マン 今と昔

 

では、今後営業という仕事がなくなるかというと、

そんな事はないと思います。

しかし、「営業」という仕事に対しての意識は

少し変える必要があるとも考えています。

 

具体的には、昔のようにゴリゴリの営業、いわゆる強引な営業、

「営業=売り込む」というイメージを大きく改めるべきです。

 

そもそも強引に営業をしたとしても、情報が溢れているこの時代、

自分たちの都合の良い情報だけを与える事は不可能に近いですし、

そんな営業をしていたら口コミサイトなどに書き込まれてしまい、

それ以降の営業自体もやりづらくなってしまいます。

 

情報のなかった時代であればそれで通用したかもしれませんが、

今はそのやり方が受け入れられる事はありません。

 

そしてもう一つ。

情報が溢れているからこそ、本当に質の高い情報を持つ

営業マンだけが必要とされていきます。

 

確かにあらゆる情報がインターネット上に溢れているため、

どんな情報も容易に探す事が可能になりました。

 

しかし逆に考えれば、情報量が多すぎるからこそ、

正確な情報や本当に自分に必要のある情報かどうかを

見つけ出すという事が難しくなっています。

 

ということは、そういった情報をたくさん持っていて、

その人に最適な形で提供出来る事が価値になります。

 

そういう意味では、「営業マン」だから営業だけ、という時代ではなく、

多角的に「売上を上げる」という目標を達成できる人の価値は高く、

「営業」という職種と「マーケティング」「広報・宣伝」といった職種の

垣根はどんどんなくして考えていく必要があるかと思います。

 

まとめ

売り込む営業は古い

 

繰り返しになりますが「売り込む営業」の時代は終わりました。

これからは「選んでもらう営業」です。

 

そのためには、有益な情報を持ち、選んでもらうための

仕掛けをしっかりと作っておかなくてはいけません。

 

我々のような中小企業でも、しっかりと戦略を立てていくことで、

「選んでもらうための仕掛け」を生み出していく事は可能です。

 

営業を「売り込むための方法」と捉えずに、

広く会社をブランディングしていくという意識に変えて

売上の上がる仕組みをつくっていきましょう。

 

レイゼクスお問合せ先

この記事を書いた人

仲村 達史

仲村 達史

「世界一ヤヴァイ会社を作る!」と宣言し練馬区を飛び出し、藤原竜也のモノマネ一本でここまで上り詰めた。 常に厳しく、「鬼(ONI)」と呼ばれる彼の経営のモットーは「健康第一」。 ゼロコーラと間違えて普通のコーラを買っていくと鬼の形相で怒り狂う。 キリンさんよりゾウさんのほうが好きだが、犬の方がもっと好き。

最近書いた記事
しごと・営業に役立つ人気記事

営業の秘訣●本公開中!

WEB×テレアポの成果保証型営業代行の株式会社レイゼクスTwitter